こまめな手入れが重要

特徴と価格を知っておこう

床は普段から目にするところですが、なかなかメンテナンスをしようとする人はいません。なぜなら床ワックスに関しては特にワックスがけをしなくても大して問題は起きないからです。これは、雨漏りなどに比べるとその違いは顕著ではないかと思います。床ワックスはウォンツに対して雨漏り修理はニーズなのです。必要としているから床ワックスをかけるのではなくピカピカにしてみたいからかけるだけです。 ただ、フローリングがあまりにくすんでしまっている場合は床ワックスをかけたほうがいい場合もあるかもしれません。 床ワックスに似た言葉に床コーティングというものもあります。 もし床ワックスをかけるとしたら床コーティングとの違いは何かについても知っておきましょう。

床コーティングとの違いを知ろう

床ワックスをかけるのは光沢を出す時にかけます。効果は数カ月しかもたないため、普通は消耗品として考えます。これに対して油かコーティングは、効果が長持ちします。1年から2年、高いコーティング剤になると5年も持ちます。また、光沢についても床コーティングは長持ちします。 床を歩くときに注意しなければならないのはワックスの場合は滑りやすいことです。学校などでワックスがけをやった人の中にはスケートの真似をして滑ったのではないでしょうか。とにかく滑ります。2歳以下の小さい子供がいる家庭や後期高齢者がいる家庭は注意が必要になります。 また、ワックスは水や油に弱いことも証明されています。ただ、床コーティングに比べると価格が安いのが特徴と言えます。